給与の体系は何種類かあります。

日給の持つ意味について
日給の持つ意味について

日給の持つ意味について

日給の持つ意味について
給与の体系は何種類かあります。大きくは月給制、日給制、時給制になります。月給制は主に正規雇用社員に適応している企業が多いです。業績や景気になどに関係なく、大きなコストがかかるのが問題ですが、良い人材が集まりやすいです。日給制や時給制は非正規雇用社員に適応しています。日給制は、1日を単位として金額を決め、出勤した日数に応じて賃金を支給制度です。

特に日給制は天候や諸事情により稼働が少なくなることがあります。そのことで無駄なコストを抑えることもできるので建設業などでも導入されています。また月給制は一括で多額のキャッシュアウトを伴う為、とりわけ零細企業や中小企業は日給制を導入している会社が多いです。そして日給は一日当たりの賃金ですが、支払い方法は日払いや月払いがあります。

日給制の歴史は古く第二次世界大戦まえは生産労働者が多く、そのほとんどが日給でした。日給制と時給制では日給制のほうが1時間当たりの単価が高いところが多い。これは、日給の場合日当たりで設定している分、時間単位で加算される時給制よりも、日給制の方が労働時間が不安定だということが言えます。その分のみなし時給分も含んでいると思われます。

近頃良く聞く求人、ここのホームページをブックマークしましょう★